我が良き友よ

吉田拓郎 作詞/作曲

下駄を鳴らしてヤツが来る
腰に手拭いぶら下げて
学生服に染み込んだ
男のにおいがやって来る
ああ 夢よ良き友よ
おまえは今頃どの空の下で
俺とおんなじあの星みつめて
何思う

可愛いあの娘に声かけられて
頬を染めてたウブなヤツ
語り明かせば下宿屋の
おばさん酒持ってやって来る
ああ 来いよ良き友よ
俺は今でもこの街に住んで
女房子供に手をやきながら
生きている

男らしさと人が言う
おまえの顔が目に浮かぶ
力ずくだと言いながら
女郎屋通いを自慢する
ああ 夢よ良き友よ
時の流れを恨むじゃないぞ
男らしさは優しいことだと
言ってくれ

家庭教師のがらじゃない
金のためだと言いながら
子供相手に人の道
人生などを説く男
ああ 夢よ良き友よ
便りしたため探して見たけど
暑中見舞いが帰って来たのは
秋だった